Japan
(Translate into English)

「その国の料理を理解しなければ、その料理から影響を受けることはできない。料理を研究しなければならないのだ。」–シェフフェラン・アドリア

ニューヨーク・シティは、食の世界の中心とよく言われます。人々のエネルギーと、世界中から集まった幾人かの偉大なシェフたちによる「味覚を喜ばせたい」という欲望によって、ニューヨークは、料理を追及する人たちの最高の目的地になっています。西海岸では、カリフォルニアは美しい海辺、世界有数のブドウ園、そしていくつかの素晴らしい農場のメッカであり、持続可能な食を目指す活動の中心地となってきました。私たちにとって、これらの場所は故郷です。是非、The International Culinary Center の最高の食の世界でトレーニングを積み、当校の学生が日々創造しているものを一緒に探究してください。そして卒業の時が来ると、当校は伝説に残るほど有名なカーネギーホールで卒業式を執り行います。ここは皆さんが成し遂げた業績を称えるために正しくふさわしい場所と言えるでしょう。

The International Culinary Centerは、30年近くにわたり優れた才能を開発してきたことを誇りにしています。近年では、さらに多くの留学生が世界の隅々から集まり、彼等が自国の料理業界の未来を担いたいと考えていることがわかります。当校は、すべての学生がその大望を追求するための専門的な環境を提供し、業界トップのシェフやリソースによって指導を行っています。

当校の2つのキャンパスでは83カ国を超える国々から集まった留学生が学んでおり、当校が世界中で一流の国際料理学校として認められているのも不思議ではありません。幸運なことに、The International Culinary Centerは私たちの故郷なのです。是非、皆さんの故郷にもなることを願っています。

本ページをスクロールして、当校の優れた日本人卒業生数名についての紹介をご覧ください

ミチナガ ヨシヒコ

Yoshiko
出身地:大阪府
現所在地:ニューヨーク州ニューヨーク市
履修コース:クラッシック・ペストリー・アーツ
卒業年:2008年

私はペストリー分野に進むつもりはありませんでした。私はアートそしてデザインに関するものは何でも大好きです。ですから最初は絵画における自分の関心を追求することから始めました。しかし、食べることと食べ物も大好きだということにも気付いたんです。それで私は料理学校について考えるようになりました。私はニューヨークに住んでいましたので、友達がThe International Culinary Centerを薦めてくれました。学校のアドバイザーの一人と話をし、私のアートへの深い関心について意見を交わしていると、アドバイザーはペストリークラスを受講するよう薦めてくれました。それで私はクラッシック・ペストリー・アート・プログラムに登録したのです。プログラムは、最初は私にとって非常に難しいものでした。私には新しい経験でしたし、また英語をまだ勉強中でもありました。しかし私は一生懸命勉強し、シェフたちも私を大変助けてくれました。結局私は、自分のクラスのプロジェクトで最高総合得点を取って卒業しました。何か新しいことを始めるのは非常に難しいことかもしれません。それに怯えて神経質になるのは簡単ですが、人々に助けを求めることにより状況は全く違ってきます。私は、自分が指導を受けたシェフ講師陣は最高であり、自分の成功を真に手助けしてくれたと実感しています。シェフのキールとトニーは二人とも、私に日本語で挨拶してくれたものでした。それによって私はとても落ち着くことができ、私は非常に感謝しています。私はまたクラスメートからも多くを学び支えられました。何かわからないことがあるときには質問する、ということを学び、いつも誰かが私を進んで助けてくれました。いつか自分の店を持ちたいと考えています。またもっとたくさんのケーキをデザインしたいとも考えています。私は自分の芸術的感受性を表現するためには、ペストリーがピッタリの媒体であることがわかりました。

ナカタニ リホ

Riho出身地:東京都
現所在地:ニューヨーク州ニューヨーク市
履修コース:クラッシック・カリナリー・アーツ
卒業年:2008年

私の料理への関心は、子供の頃、台所で母を手伝っていたことによって芽生えました。どんな職業に就くかを決心するとき、私はプロとして料理をすることについてもっと知りたいと思いました。全く経験はありませんでしたが、料理の基本技術を習いたいと思いました。それを実践するため、そして仕事の機会を見つけるために、学校に行くことが役立つだろうと思ったのです。私は常にニューヨーク市に興味があったため、そこにある学校に問い合わせることにしました。The International Culinary Center は、私の問い合わせに対して最初に返事をくれた学校でした。それが結局、素晴らしい経験につながることになったのです。プログラムは非常にうまく構成されており、学校のスタッフ全員がいつでも私に惜しみなく援助をしてくれました。しかし、私は、シェフ講師が学校のプログラムの最も重要な部分になっていると思います。シェフ講師は私に料理技術の深さを教えてくれるのみならず、キッチンに立つ純粋な喜びを教えてくれました。プログラムの期間は非常に短いので、学生が自分でできる最善のことは、学校に積極的に対峙し、提供される機会を最大限に生かし、料理に夢中になることだと思います。これを実践すればするほど、学ぶものは大きいはずです。できる限り最大限に学び、あらゆる時間を楽しんでください!私も学校でシェフによる実演を満喫しました。私は、ある一人のシェフの仕事に感銘し、イベントの後に話しかける決心をしました。そして、ソーホーにあるそのシェフのレストランで実務研修を受けれることになり、それが現在の仕事につながったのです。学校は、私が自分のキャリアを開始するために必要な機会を正に切り開いてくれたのです。

ワカスギ ケイコ

Keiko出身地:愛知県
現所在地:愛知県
履修コース:クラッシック・カリナリー・アーツ
卒業年:2007年

私は、自分の視野を広げたいと思っていました。異なる技術や風味、そしてそれらを自分の日本食文化に適用する方法を学びたかったのです。私は、食における素晴らしいキャリアを得るために、適切な基盤を身に付けたいと考えていました。そして、ニューヨーク市の中心にあるThe International Culinary Center がそれにふさわしいと思ったのです。私にはピッタリの場所でした。学校の各学部長は世界でも指折りのシェフで、そうしたシェフから直接に学ぶことができたというのは、他では決して得ることができなかった素晴らしい経験です。料理の技術面の内も外も知り尽くしている上に、自分たちがフランスで若手のシェフをしていた頃の多くの文化的経験も共有してくれるシェフ講師を指導陣に持つことは、私が探し求めていたすべてを満たしてくれました。講師陣の食に対する、そして指導に対する情熱は毎日伝わってきました。最終的に完璧な基盤となりました。The International Culinary Center は就職斡旋もしてくれますが、私はプログラムを終了した後、私が仕事を見つけられるよう、誰もが尽力して手助けしてくれたように感じています。スタッフは非常に親しみやすく、またシェフ講師は卓越した結果を達成する私の能力を心底信じてくれることで、私の力となってくれました。私のレベル1と2の講師であったシェフのヘンリーは、Quality Meats および Park Avenue Summer, Autumn, Winter, Springのシェフ、クレイグ・コーケツに連絡をつけてくれました。それは私がキャリアを築くための足掛かりとなったのです。コーケツシェフのもとで働いた後、私は日本に帰国し、今はラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブションで働いています。私はThe International Culinary Centerで、最も格好いい人々や最高の教授陣そして良き指導者に出会いました。そこでの経験は、本当に素晴らしいものだったと思っています。

“The chef-instructors are the most valuable part of the school. They taught me not only the technical depths of cooking, but the sheer joy of being in the kitchen.” – Riho Nakatani (Culinary 2008)

New York City has often been described as the epicenter of the food world. The energy of the people and the desire by some of the greatest chefs from around the globe to delight palates is what makes New York a top culinary destination. On the West Coast, California is home to beautiful beaches, world class vineyards and some wonderful farms that have become the center of the sustainable food movement. To us, these locations are our home. We invite you to train with the best of the food world at the International Culinary Center and explore what our students are creating every day. And when it’s time to graduate, we hold the ceremony in the legendary Carnegie Hall, a fitting tribute to your achievement.

For 30 years, the International Culinary Center has taken pride in developing great talent. These days, more international students are coming to us from every corner of the globe, knowing that they want to represent the future of the culinary industry in their home country. We provide a focused environment for all of our students to follow their ambitions, offering guidance from some of the top chefs and resources in the industry.

With international students from more than 80 countries studying at both of our campuses, it’s no wonder we are recognized around the world as the premier international culinary school. Lucky for us, the International Culinary Center is our home. We hope it will be yours, too.

For more information on admission requirements for international students, please click here

Please scroll through to read about a few of our outstanding Japanese alumni:

Yoshiko Michinaga

YoshikoHometown: Osaka, Japan
Current city: New York, NY
Course of study: Classic Pastry Arts
Graduation year: 2008

I was not planning on going into pastry. I love art and anything to do with design, so I started out pursuing my interest in painting. But I also realized that I love eating and food, so I started to think about culinary school. I had been living in New York, and a friend recommended the International Culinary Center. As I talked with one of the advisers at the school and we discussed my love of art, he recommended taking pastry classes. I enrolled in the Classic Pastry Arts program. At first it was very difficult for me. It was a new experience and I was still learning English. But I worked hard and the chefs helped me so much; I ended up graduating with the highest total score on projects in my class. It can be challenging to start something new. It's easy to be scared and nervous, but asking people for help makes all the difference. I really felt like the chef-instructors I had were the best and really helped me to succeed. Both Chef Kir and Chef Toni would say hello to me in Japanese. It made me feel comfortable, and I really appreciated it. I also learned a lot and felt support from my classmates. I learned to ask questions when I didn't understand something, and there was always someone willing to help me. I want to own my own business some day. I would also like to design more cakes. I have found that pastry is the perfect medium for expressing my artistic sensibility.

Riho Nakatani

RihoHometown: Tokyo, Japan
Current city: New York, NY
Course of study: Classic Culinary Arts
Graduation year: 2008

My interest in cooking was all started by helping my mother in the kitchen as a child. When deciding what to do for a career, I wanted to find out more about cooking professionally. I did not have any experience but knew I wanted to learn the basic cooking techniques. I felt going to school would help me do this and find career opportunities. I have always been intrigued by New York City and decided to contact schools there. The International Culinary Center was the first school to reply back to my inquiries. It ended up being a great experience. The program is very organized, and all the staff at the school were eager to help me at all times. However, in my opinion, the chef-instructors are the most valuable part of the school. They taught me not only the technical depths of cooking, but the sheer joy of being in the kitchen. It is such a short program that I think the best thing you can do is be aggressive toward school, make the most of all the opportunities provided, and be passionate about cooking. The more you do these things, the more you will learn. Learn as much as you can and enjoy every minute! I enjoyed the chef demos at the school, too. I was amazed by the work of one particular chef and decided to talk to him after the event. I was able to get an internship at his restaurant in SoHo, which led to the job I have now. The school really opened up the opportunities I needed to get my started in my career.

Keiko Wakasugi

KeikoHometown: Aichi, Japan
Current city: Aichi, Japan
Course of study: Classic Culinary Arts
Graduation year: 2007

I knew I wanted to broaden my horizons in food—learn different techniques and flavors and how to apply them to my Japanese food culture. I was looking to get a good base for a great career in food and I knew the International Culinary Center was right in the heart of New York City. It was the right place for me. The deans at the school are some of the best chefs in the world and to be able to learn from them directly is an amazing experience that I knew I would not get anywhere else. Having chef-instructors who know the technical side of cooking in and out, but who also shared many of their cultural experiences from when they were young chefs in France, gave me the whole package I was looking for. Their passion for food and for teaching came through every day. It ended up being the perfect foundation. The International Culinary Center offers job placement, and I felt that everyone went out of their way to help me find work after I finished the program. The staff is so friendly, and the chef-instructors helped me by truly believing in my abilities to achieve excellence. Chef Henri, my Level 1 and 2 instructor, put me in contact with chef Craig Koketsu at Quality Meats and Park Avenue Summer, Autumn, Winter, Spring. That one thing became the stepping stone for my career. After working with Chef Koketsu, I returned to Japan and am now working at the La Table de Joël Robuchon. I met some of the coolest people and greatest teachers and mentors at the International Culinary Center. I loved my experience there.